よく見られるお子様の病気

かぜ、発熱、鼻づまり、鼻水、咳(せき)、のどの痛み、腹痛、おう吐、便秘、下痢、浅い擦り傷、軽い火傷、夜尿症(おねしょ)、ひきつけ(痙攣)などの診療を行います。
また、気管支炎、肺炎などの呼吸器疾患や、水痘、麻疹、風疹、おたふくかぜなどの伝染性疾患、皮膚炎、湿疹、あせも、とびひなどの皮膚疾患、鉄欠乏性貧血、便秘、肥満などの慢性疾患について、お気軽にご相談ください。
かぜや発熱といった、お子様がご自身の力で治せるような症状でも、自宅でのケアだけでは症状が長引いたり、悪化したりする場合もあります。少しでも不安を感じられたなら、些細なことでも遠慮なくご来院ください。

詳しい検査が必要なときや、ご入院が必要なときは、周辺の地域連携病院へ、また外科や整形外科、耳鼻咽喉科、眼科等にかかわる病気のときは、それぞれの専門医をご紹介いたします。

まずは当クリニックをご受診ください

お子様の容体や症状を見て、不安なときはひとまず当クリニックまでご連絡ください。
そして保護者の方は慌てず、落ち着いて声をかけたり、寄り添ったりしてお子様を安心させてあげてください。
それから、できる限り詳しく容体をチェックして、把握しておくことも大切です。
以下のような内容のメモをいただけると、診療がスムーズに進みますので、出来ましたら、ご協力ください。

  • 症状はいつ頃から出たのか
  • 熱、咳、痰、鼻水、のどの痛みの有無とその状態
  • かぜ薬や他の薬に対するアレルギーの有無
  • 現在服用している薬
  • これまでに経験した病気や手術、入院の有無
  • 食欲はあるかどうか
  • おしっこが出ているか など

お子様によく見られる症状

かぜ様症状

かぜ(感冒)は子どもの病気のなかでも、いちばん多く見受けられます。症状としては、くしゃみ、咳、鼻水、鼻づまり、のどの痛み、発熱、痰がからむ、腹痛・おう吐・下痢などがあり、原因のほとんどが鼻やのどの粘膜からのウイルス感染です。大抵は1週間ほどで症状は軽くなり、本人の免疫力で自然に治ります。症状が強かったり、長引いたりする場合は当クリニックを受診してください。


熱が出たら

元気さをよく見てみてください。熱のことよりも他の症状に気をつけることが大切です。水分が摂れなくておしっこが出ない、嘔吐が続く、顔色が悪い、元気が無くぐったりしている、意識がはっきりしない、あるいはけいれんを起こしてしまった場合などには、早めに医療機関を受診してください。(子どもの場合に問題となる「発熱」とは、一般的には38度以上を言います)


おなかが痛い

お子様が訴える痛みのうち、なんと言っても多いのが腹痛です。ただし、「おなかが痛い」と訴えていても、実のところ腹痛によるとは限らない場合も少なくなく、発熱や他の症状を併発していないかを観察することが大切です。腹痛の原因はかぜ、感染性胃腸炎、便秘などが多いのですが、消化器以外にも、肺炎などの呼吸器疾患、腎尿路の疾患、食物アレルギーなど、さまざまな原因から腹痛を訴えることがあります。腹痛を起こす病気のなかには緊急を要するものもありますので、原因のはっきりしない腹痛の場合は、早めにご相談ください。


下痢

乳児はおなかの状態が不安定なので、よく下痢をします。いつもと変わらずにミルクを飲み、機嫌が良いようでしたら、それほど心配はいりません。ただし、下痢が治まらず、ぐったりとして元気が無いようなケースでは脱水症が疑われます。その場合は、少しずつ水分補給をしてあげてください。それでも改善しないときは点滴による水分補給が必要ですので、早めにご相談ください。


おう吐

小さなお子様は、ちょっとした刺激や咳で、よくおう吐します。しかし、吐いた後もふだんと変わらず、けろっとしているようなら、そのまま様子を見ていれば良いでしょう。ただし、繰り返し吐いたり、吐いた後もぐったりしているような時は、胃腸や神経の病気によるおう吐の可能性があるので、早めにご相談ください。


呼吸が苦しそう

お子様が息苦しさを訴える際は、喘息などによる場合が多いようです。その場合は、程度に応じて、吸入・点滴療法といった処置が必要になります。ただ、喘息の傾向や既往が無いのに、突然、息苦しさを訴えたような場合は、気管内に異物が入ってしまった可能性があります。こうした場合は、救急処置が必要ですので、早急に医療機関までご連絡ください。

お子様の具合がひどく悪い場合

診療は原則として順番通りに行いますが、以下のような症状がある場合はお申し出ください。

  • 何度もおう吐を繰り返して、ぐったりしている
  • ひきつけを起こしている、またはその直後である
  • 激しい頭痛や腹痛がある
  • 喘息の発作等により、呼吸が苦しそうである
  • うとうとして目の動きがおかしく、ぐったりしている
  • まわりの刺激に反応しない

――その他、急を要すると思われるときは、医師、およびスタッフの判断により適切に対応いたします。
また、このような急性症状のお子様がいらっしゃる場合には、診察の順番が前後する場合もございますので、あらかじめ皆様のご了承をお願いいたします。

なお、かぜと診断されていても、その後、気管支炎や肺炎に進行する場合もありますので、熱を含めた症状の経過をしっかり観察することが重要です。

問診票ダウンロード

診療受付予約システム

今日の走行列車

各種申請『障碍者手帳申請、参加医療保障制度申請の書類についても作成が可能です。まずはご相談ください』

ドクターズファイル

患者の気持ち